yoyogiの北海道沼田町移住体験ブログ

東京から北海道沼田町に移住したyoyogiの体験ブログ。はたして、ただの一般人が田舎から何を発信できるのか。試行錯誤で行きついた至高のブログ(笑)

田舎のくせに大学生と空き家対策始めました

ブログ一覧
空き家セルフリノベ奮闘記はこちら
から。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年(2016)は田舎のくせにDIYシェアハウスを始めちゃいましたが、
今年(2017)は田舎のくせに大学生と空き家対策始めちゃいました。

DIYシェアハウスで素人でも自分達の思い通りに部屋を改造できることがわかった。
それでは建築を学ぶ学生がチームで取り組んだらどうなるんだろう?
きっとデザインはもちろん、機能を向上した設計なんかを考慮して改造
してくれてすごいことになるんじゃないだろうか。
それって空き家問題解決により近づくきっかけになるのでは。

というわけでこの企画は、
建築を学ぶ学生に、フィールドワークの場として
沼田町の空き家を提供し、DIY(セルフリノベーション)で
甦らせることにより空き家問題解決の糸口としたいという
願いから始めちゃいました。

しかしこんな無茶な願いを快く引き受けてくれる学校なんてあるのでしょうか?

ありました。北海学園大学 岡本浩一ゼミのみなさんです。
岡本教授は都市計画、住環境計画を専門とされており、
セルフリノベは住環境の変化だから対応してくれるかも、
ということで今回の企画を提案させて頂きました。

岡本教授の研究室へ赴き、提案している最中、
こちらの話を黙って聞き、特にリアクションがなかったので
一瞬やばいかも、と思った矢先
「学生さんのためになるおもしろい試みですね」と、
コワモテの風貌から繰り出される穏やかな笑みが、
私たちの緊張を和らげました。

そんな感じで始まった沼田町と北海学園 岡本ゼミとのコラボ
建築の構造・構法に詳しい植松教授、
建築の材料・材質に詳しい足立准教授の最強助っ人も加わり
さらにハードルが上がったセルフリノベ結果はいかに!?

○メンバー紹介
北海学園セルフリノベ
・岡本ゼミ
一番左
岡本教授~コワモテの風貌より学生からくみちょーとして尊敬される
左から4番目以降
L~本プロジェクトの副リーダー、デ○ノートのL似から。大のスキンシップ派
みたやん~見た目やんちゃだけど、意外と物腰やわらかいギャップ萌え
療養中~見た目病弱そう、でもアカペラサークルで低音を担当
よさこい~よさこいサークルで演舞する粋なやつ。わたあめ作りが得意
リーダー~本プロジェクトのリーダー、みんなから厚い信頼を受ける
ラクロス~ラクロスのアタッカー担当
ぷれぜん~彼のプレゼンした「繋~tsunagu~」がリノベのテーマに

・足立ゼミ
左から2番目と3番目
東出~某有名タレントに似てるとのこと
メンソール~はっかという名字と愛用するタバコから

空き家セルフリノベ奮闘記はこちらから。

2017/07/05