くらし

制度や環境を整えて、
子育てしやすいまちづくりを
進めています。

子育て世代を応援する多彩な支援や住宅制度が整っている。
先端の設備を配したこども園や学校、さらに充実の教育環境が用意されている。
たくさんの町民がみんなで子育てするような温かな風土がある・・・
沼田町は、子育てしやすいまち。
子育てしやすいまちには、子どもや家族が集い、交流やふれあいが生まれ、
夢や可能性が広がると考えています。

沼田の暮らし

町民生活に必要な施設を、中心市街地から半径500mのエリアに集め、
町民が末永く健やかに暮らせるまちづくりを進めている沼田町。
このため便利な施設、快適な空間が中心部の続々と誕生しています。

沼田の中心施設
「暮らしの安心センター」

コンパクトで暮らしやすいまちへ。そんな沼田町のシンボルとなる施設が、
2017年にオープンした「暮らしの安心センター」です。
施設内には、町民が集うラウンジやカフェスペースのほか、
ジム設備やリハビリ器具を備えたトレーニングルーム、
内科/外科/皮膚科を擁するクリニックなどを完備。
施設の中心には<なかみち>と呼ばれる広々とした通路が備えられ、
沼田町の「医療」「福祉・子育て」「介護」がひとつの動線で結ばれることになります。

暮らしの安心センターの中を歩いてみる

毎日お買い物が快適になる
「まちなか」

2017年、沼田町の中心部にオープンした複合商業施設が「まちなかほっとタウン」。
広々としたスペースの中心を担うのは「ダ*マルシェ」というスーパーマーケット。
生鮮食品や青果はもちろん、日配品やお惣菜、日用雑貨まで普段の生活に必要な物が、数多くラインナップしています。
また、施設内にある「チャレンジショップ」や「イベント広場」では、衣料品の販売やパン、ラーメンの販売などの催しも不定期に開催。
毎日のお買い物が楽しくなることうけあいです。
そのほか「まちなかホットタウン」には、町特産品の販売や贈答品の手配など、町民の消費生活を手助けする「物産サービスセンター」や「JAバンク」なども備えられています。

いつまでも学ぶ楽しみを
「ゆめっくる」

「ゆめっくる」の愛称で親しまれているのが、沼田町生涯学習総合センター。
館内には最新刊や話題の本も揃う図書館や研修室のほか、
町民の趣味や交流の場として活用されているサークルルームなどを完備。
全館冷水式による雪冷房が導入されているので暑い夏も快適です。

沼田の仕事

沼田町には、基幹産業である農業やその加工のほか、
飲食、運輸、建設、介護、保育、医療などなど、さまざまな働き口がそろっています。
もちろんパート・バイト・正社員など雇用形態も多彩です。
移住を検討する際、最も大切な要素の一つになるのが『仕事』。
その専用サイトもご用意しています。

沼田は農業のまち。
新規就農も応援しています。

沼田町は、北海道産米の評価では最高位にランクされる「ななつぼし」「ゆめぴりか」「ふっくりんこ」のほか「きらら397」などを生産している、道内有数の米の産地です。そのほか、土地利用型作物として小麦・大豆・そば、『園芸作物』として花き・ミニトマト・メロン、加工用トマト、ブロッコリーが多く作付されています。
また沼田町では新規就農のお手伝いもしています。一般的に就農のイメージは、自分がオーナーとなる「独立就農」が多いようですが、地域の方々との信頼関係づくりから始まり、資金確保や土地探しなど、決して低くはないハードルが待ち構えています。
そのため、少ないリスクで就農を実現する方法のひとつとして、農業法人や個人農家の従業員として働くという道を選ぶ方も増えています。

就農相談沼田町での就農について相談してみてください。
あなたにぴったりの新規就農プランを提案します。

沼田町役場 農業商工課
Tel:0164-35-2114
nougyou@town.numata.lg.jp

地域おこし協力隊の制度を活用し
沼田ライフを始めよう

「地域おこし協力隊」とは、総務省が設けた地域を活性化する制度。協力隊のメンバーは応募したまちに最大3年間住み、生活手当や住まいの提供などを受けながら、まちが元気になっていくための多彩な活動に取り組みます。
沼田町ではこれまで、沼田町観光協会にて特産品のPRなどに関わる「観光支援員」、 食文化継承のための飲食店で働く「飲食店支援員」、特産物であるトマトの加工製造や管理をする「加工研究員」など多くの協力隊を採用しており、その中には任期を終えた後沼田町に定住を決めた方もいます。また現在も多くの分野で協力隊メンバーが活躍しています。

沼田町 地域おこし協力隊 隊員募集 沼田町・沼田町周辺のお仕事検索

沼田の住まい

さまざまな住まい

沼田町には、家族構成やお仕事内容、ご要望などに応じた多彩な住まいが用意されています。

公営住宅………
町営住宅や道営住宅がございます。
民間住宅………
アパートや一軒家を賃貸でご用意しています。
空き家バンク…
空き家を安価で購入し新築またはリノベーションするのもOK。
新築/改築……
土地を取得し奨励金を利用して家を新築したい方、
中古物件を奨励金を利用してリフォームしたい方など移住に前向きな方は、
ぜひこのコンテンツ下の『ライフスタイルに合わせた奨励金制度』をごらんください。

奨励金を利用して
賢く新築を建てた方のお話

05
こだわりたっぷりの新築で、
家族の幸せと暮らすお母さん。主婦 上村 恵美子さん
移住体験住宅……
お試しで暮らしてみたいという方向けの体験住宅も用意しています。
家族向け・単身者向けがあります。
レジデンスぬまた

単身~お二人家族向け、鉄筋コンクリート造りの移住体験住宅です。生活に必要な家電・家具は完備。中長期で借りられる方も多く、移住への準備を進めるのにも向いています。

DIY シェアハウス

市街地の空き家を、自由にリフォームしたユニークな住まいが「DIY シェアハウス」。グループでの移住体験にも向いています。

繋 ~TSUNAGU~

建築を学ぶ北海学園大学の学生が、フィールドワークの場として沼田町の空き家をセルフリノベーションした物件です。

ちょっと暮らし体験

沼田町の不動産情報の詳細をまとめたのがこちら

沼田町不動産情報

ライフスタイルに合わせた奨励金制度

沼田町では、さまざまな新築の奨励金制度のほか、
リフォームやディスポーザー設置、融雪槽・ロードヒーティングの設置などに関しても、
さまざまな奨励金制度を整えています。
また中古住宅購入に関しても50万円の奨励金が出ます。
さらに子育て世代が住宅を取得し3年以内に200万円以上の改築を行う場合は、
100万円が交付されるなど、子育て家族へのサポートは特に手厚くなっています。

新築奨励金の例(30歳代、中学生以下のこども2人、空き家取得後新築建築の場合)
  • ・30歳代 1,300,000円
  • ・こども手当2人分 1,000,000円
  • ・土地購入 300,000円
  • ・町内業者建設 700,000円
  • ・町内業者取壊し 1,000,000円
  • ・融雪溝設置路線 1,500,000円合計 5,800,000円
移住見積もりフォーム
つなぐらす~ 
沼田町空き家リノベーションプロジェクト

現在このまちでは
『つなぐらす~ 沼田町空き家リノベーションプロジェクト』という施策が進められています。
これは家主さんの高齢化などで空き家になってしまった住まいを、
モダンで快適な住まいにリノベーションするという取り組みです。
主にマチナカに点在する11軒のリノベーション住宅の設計を手がけたのは、
北海道でも特に実績のある一級建築士。
その一軒一軒が独創的なテーマを持ち、
その居住空間で紡がれる魅力的なライフスタイルや沼田町での豊かな暮らしまでも提案しています。
もちろんあなたやご家族のイメージで、設計やプランをふくらませるのも自由。
その思いが最終的な『住まい』になるまで沼田町が全力でバックアップします。

リノベーション住宅

沼田の子育て

沼田町は制度や施設、環境を整え
「子育てしやすいまちづくり」に町を上げて取り組んでいます。
例えば保育園と幼稚園が一体となった「沼田認定こども園」は、
6カ月から5歳(就学前)まで子どもを預けることができる、まち自慢の施設。保育料は全て無料です。
医療費においては中学生まで無料、各種予防接種や健康診断においてもさまざまな奨励金を用意しています。
また中学校以下の子どもがいる世帯には冬季暖房費の助成や町外通勤手当が用意されているほか、
新築補助・リフォーム補助も手厚くなっています。

沼田認定こども園

無邪気な笑顔がいっぱい「認定こども園」沼田町に暮らす子どもたちの教育・保育を一体的に行う施設として平成28年4月に誕生。保護者の仕事などの理由により、自宅で保育ができない0歳から2歳までの幼児の受け入れのほか、3歳以上の就学前児童であれば誰でも入園が可能です。 都市部のような待機児童がの問題もなく、専門の保育士や幼稚園教諭たちが一人ひとりに愛情を持って対応にあたっています。沼田認定こども園では1歳から小学校に入るまでの子どもを対象に、一時預かり保育にも取り組んでいます。保護者の就労形態、疾病、入院、事故、冠婚葬祭、育児に伴う心理的・肉体的な負担を解消するためなど、一時的に家庭でお子さんを保育できない場合に利用することができます。

小学校

子どもを育てるならこんな学校=沼田小学校

2013年1月に新校舎が完成した沼田小学校。
ロケーションが豪雪地帯で、年の半分が雪で閉ざされるため、
子どもたちが室内でのびのび活動できるよう、奥行きと広がりのある空間となっています。
校舎の中心に広がるのは「ひかりの原っぱ」と呼ばれる吹き抜け空間。
上部からの自然光が子どもたちにやさしく注ぎ、付帯する多目的スペースや教室内を明るく照らします。
中央の広々とした大階段は、効率的な動線を実現するだけでなく、
子どもたちの読書スペースや発表の場にもなっています。
また体育館を校舎組み込むことで、全体がひとつの家のような一体化した環境を作り出しています。
さらに小学校の施設内に学童保育室が備えられているのも、保護者には好評です。

沼田小学校に
お子さんを通わせている方のお話

04
沼田町への移住は偶然でも、
子どもの成長を実感中!地方公務員 紅露 智尚さん

沼田町一貫・連携教育

全国学力・学習状況調査では全国平均を上回る

沼田町では小学校と中学校の垣根を飛び越え、お互いの乗り入れ授業や行事の合同開催など、
『沼田町一貫・連携教育』に取り組んでいます。
小学6年生になったら中学校に足を運ばせ、
数学や理科の先生に話を聞いたり、中学生とふれ合ったり…。
そうすることで、学びや新しい環境に対する興味の幅が広がり、
小学校から中学校へのステップアップも緩やかになります。
こうした取り組みが功を奏し、
最近の全国学力・学習状況調査では軒並み平均を上回るようになっています。

介護

沼田町には、特別養護老人ホーム・グループホーム・デイサービス・訪問介護サービスなど、
老後も不安なく暮らしていくための施設が豊富です。安心して年を重ねていって下さい。

遊び

自然が遊び場

ホロピリ湖

どこまでも走れる草原・清流の流れる川・ふわっふわな雪、澄み切った空気。その自然な環境が遊び場です。キャンプをするもよし、バーベキューをするもよし、満天の星空を寝転がって見るもよし。子どもたちも若者たちも工夫をしながら遊んでいます。

アレコレ巡り

明日萌駅(恵比島駅)
ほたるドーム

町内に点在する施設めぐりもオススメ。ほろしん温泉ほたる館、化石体験館、ほたるドームなどのほか、歴史好きは明日萌駅(恵比島駅)、中村旅館(旧黒瀬旅館)さらに旧本願寺駅逓もロマンティック。

沼田町雨竜川総合運動公園 
町民パークゴルフ場

町民割引のあるパークゴルフ場があります。

繁華街

渋いお店、かなりあります。食事に、飲み会に、お気に入りのお店を見つけて下さい。

各種制度・支援環境

主な制度を、各ライフステージに合わせてまとめました。
さまざまな助成がありますので、ご活用ください。
助成の対象については諸規定がありますので、お問い合わせ下さい。
町民のために多くの制度ができた結果、多岐に渡りすぎてしまい、
適用になるかを調べるのにお時間をいただく場合がありますがご了承ください。

かんたん!移住見積もりはこちら

小学生・幼年期

乳幼児・児童医療費無料(小学生以下対象)
沼田認定こども園保育料軽減
各種ワクチン接種費用助成
乳幼児の歯科検診・フッ素塗布
乳幼児健康診査精密検査助成
幼児ことばの発達検査

高校生・中学生

がんばる高校生応援手当
奨学金の無利子貸与
中学生医療費無料
子育て世帯町外通勤手当(扶養家族が中学生以下の場合)
子育て世帯冬季暖房経費助成(扶養家族が中学生以下の場合)

成人

住宅新築助成
住宅購入費助成
リフォーム・リノベーション助成
ヤング世代移住促進家賃助成事業
移住による引越し手当(町内企業での就労が条件)
新規就農支援
一般・特定不妊治療助成費

妊婦

妊婦健診費用助成
妊婦健診(産後健診含む)交通費助成